月別アーカイブ: 2014年3月

競技会&技術交流会

14033007
先生と一緒に東京へ。

画像処理部門は参加者が少なかったせいか、
決勝トーナメントはAdvanceと統一されてしまった。
カツカツ設定で走らせて一矢を報いる。
結果は「やりきった」というか「やってもうた」。

マイコンレーサ部門では完走できなかったが、
チキチキレースで楽しめた。

大会を運営してくださったルネサスの皆様ありがとうございました。
技術交流会や懇親会も大変楽しめました。

カテゴリー: RMCR 2014 | 競技会&技術交流会 はコメントを受け付けていません。

走り収め

140321
マイコンカーを早く走らせるためにはセンサバーを伸ばすことが有効である。センサバーが長いほど、直線区間とコーナ区間との緩和曲線が緩やかになり旋回走行にスムーズに移行することができる。また、クランクや車線変更でも手前から操舵を開始でき、緩い曲線での旋回が可能になるため走行速度を保ちやすくなる。
実際に最近ではセンサバーが特に長く設計され、前輪の中心からラインセンサまでの長さが30cm以上あるロボットも珍しく無い。

画像処理マイコンカーではセンサバーを伸ばす代わりに、遠くを撮影することに取り組むことになる。
可能な限り遠くを撮影するため、カメラは競技規則の高さ150mm以内の制限いっぱいの高い位置に取り付け、浅い角度でコースを撮影する。
コースを撮影する角度を浅くすることで、より遠くを撮影できるようになるが、外乱光が映りこみやすくなる事や、補助照明による反射光が減少してしまう等の影響が出てくる。坂道頂上ではさらに撮影角度が浅くなることも考慮して撮影角度を決定する必要がある。
「件」では試行錯誤による結果として、前輪タイヤ中心から255m~285mmの場所を撮影している。

///////////////////////////////
福工にて最終調整。
タイムロスの原因となっていた車線変更区間のパラメータを見直す。
リズムが少し良くなった気がするが、タイムへの影響は不明。

条件を修正したハーフライン、クロスラインの判定処理は、いまのところ不具合発生せず。
来週はガンバロー。

//////////////////////////////
オプセルへの粘着力が高いテープの評価を後輩にお願いする。スポンジからの剥離の心配はなさそう。

カテゴリー: RMCR 2014 | 走り収め はコメントを受け付けていません。

ラインスキャンカメラ

140316
フリースケールカップのカメラを購入してみた。
立派なレンズユニットの分だけ、少し重い。

最近の画像処理マイコンカーで主に使われているカメラデバイスは2種類あり、
一つは今回購入したラインスキャンカメラと呼ばれるもの。素子はTAOS社のTSL1401シリーズが使用されている。撮影解像度は128ピクセル×1ラインで一次元のデータとなる、撮影データはクロックに同期してアナログで出力される。簡易な制御で高速なフレームレートを実現できる。また、広角レンズが搭載されているためコース両端の白線まで見ることができる。

もう一つが、人工網膜チップM64285FP。すでに生産終了しているデバイスのため、PS2の周辺機器である”人工網膜センサーキャプチャーアイ”を分解して入手する。撮影解像度は32ピクセル×32ラインの2次元のデータになり、この素子も撮影データはクロックに同期してアナログ出力されるが、一般的なカメラ素子と同じように、レジスタ設定により露光時間やゲイン調整、撮影モードの変更を行うことができる。
レジスタ設定により短い露光時間による暗い絵のゲインを変更して明るくしたり、32×32画素のデータを全て取得せずに、途中で転送を切り上げるといった操作により高速なフレームレートを実現することができる。
搭載されいるレンズはシンプルな物で、画角は狭い。
“件”ではクロスラインやハーフライン検出に2次元データを使用するアルゴリズムのため、この素子を採用している。

////////////////////////////////////
先週のコースアウトのログを眺める。
左ハーフラインを検出直後に、右ハーフラインを後検出してクランクモードに移行していた。
過去の走行データを参照したところ、実際のクランクでは発生しないパターンだったので、このタイミングで誤検出してもクランクモードに移行しないように条件を変更する。

カテゴリー: RMCR 2014 | ラインスキャンカメラ はコメントを受け付けていません。

東海大学 Challenge Cup 2014

04030801
東海大学熊本キャンパスで行われた東海大学 Challenge Cup 2014に参加してきた。
2回目となった今回はMCR事務局の公式サポートが入り、また、卒業式を終えた3年生も多数参加したことで、参加台数も約80台に増えて、より賑やかな大会になっていた。
新調されたばかりのコースはグリップが高く走りやすいが、R450の多いレイアウトのため、53m程のコース長にしてはタイムを出しにくい。

開会式が終わり、昼過ぎまで4時間のフリー走行による予選が行われた。
十二分に時間があるため何度も走らせて最高タイムを出すことができるが、
攻めすぎた結果か、坂の上でコースアウトするロボットが多かったように見えた。
高校新人の部には一校あたり4台までしか決勝トーナメントに進めないルールがあるため、同校内での1/100秒単位の椅子取りゲームが行われ、終盤には激しい順位変動が起きていた。
また、長い予選時間にも係らず丁寧に行われていた実況アナウンスが印象的だった。

04030802
予選が終了後にはソーラーカーレース鈴鹿に参加しているソーラーカーの紹介があり、人だかりのため説明は聞こえるものの、なかなか全体を見ることが困難な状態に。

決勝トーナメント、学生新人の部ではインタビューで優勝宣言をしていた熊工のO君が見事優勝。
一般の部では、3年生同士のレースがあったり、その3年に追い回されることもあったが、最終的には全国大会でも活躍したK君が安定した好タイムで優勝。

久々のコースアウトはハーフラインマーカーをクロスラインマーカーと誤検知したことが原因だった。

大会を開催・運営して下さった東海大学の皆様、熊本の先生の皆様、MCR事務局の皆様、3年生も皆さんお疲れ様でした。

14030803

日の光の入る出入り口付近に坂道が設置されてあり、ハレーションにより坂の頂上で車線変更モードに入っている。

カテゴリー: RMCR 2014 | 2件のコメント

こつこつ

140302
教授の記事が読めるのはインターフェースだけ
ヘリコプターの制御のための加速度センサ+ジャイロセンサによる空中での姿勢角の推定方法。実際の制御コード、プロペラサイズによる制御性の比較等が紹介されている。
FPU内臓だと三角演算も高速に出来るらしく、マイクロマウスにはFPUが欲しい。

///////////////////////////////////
電通代杯で見つかった不具合
最近まで256kbitのEEPROMに8バイト/10msで書き込んでいて、20秒区切りで2走行分のログを保存していたが、保存したいデータが増えた為に16バイト/10msに変更したところ、10秒間×2走行分になっていた。
そのため1周で19秒ほど掛かる電通大杯では、半周走ったところでログが切れていた。
本の記録時間に戻すにはメモリの容量アップのためにSDカードやFRAMに移行する必要があるが、気力と実装面積が無いので24FC512を注文する。

カテゴリー: RMCR 2014 | こつこつ はコメントを受け付けていません。

良いテープはどれだ

140301

流行のオプセルタイヤ。
既に似たような柔らかさのスポンジを使っていたので気にしては無かったが
これだけ流行ると、試してみるべきだと思い始めた。

しかし、長年使用してきたパイロンクリスタル(写真左)では、
対オプセルでの粘着力が非常に弱く、すぐに剥がれてしまうため、
ここを解決しないと、タイヤを作る気が起きない。

ということで、何種かのOPPテープと”ばねばかり”を購入して粘着力を評価してみた。結果として、粘着力がパイロンの20倍程度あり、剥すとスポンジ面が少し千切れる物が見つかった。

///////////////////////
追記
一般的に基材の厚い物ほど粘着力が強いが、厚い基材になるほどタイヤが固くなってしまう
そこで基材厚さ0.04mmで粘着力の強い物を探した結果が↓
王子タック イージーカットテープ No.207H
電気化学工業 カラリヤン カットEスーパー40 #484
電気化学工業 カラリヤンPP粘着テープ PP40M PP40M
3種ともにオプセルに対して強い粘着性があるが
イージーカットテープとカットEスーパーは、テープがカールしてしまう

カテゴリー: RMCR 2014 | 良いテープはどれだ はコメントを受け付けていません。