MAPの保存

迷路のバックアップの方法を変える
これまでは探索のフェーズ(ゴールとか前面探索完了とか)と起動からの累積時間毎(4分、5分、6分)で迷路を保存していたが、その保存の間にクラッシュすると前の保存以降に探索した迷路の情報をすべて破棄するようになっていた
今回は、クラッシュした場合にクラッシュしたと判定した座標の周囲の2区間(25マス)分のデータのみを破棄して、その他の区間の迷路情報は更新するように変更してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です